本文へスキップ

剣武会は、大野剣友会の魂を受け継ぐ、スペシャルアクション・スタント集団です。

剣武会オフィシャルホームページ

Action(アクション)





















アクション解説

商品イメージ

現代アクション回転飛び降り

飛び降りには、素とび(そのまま落ちる)や、回転飛び降り、背落ち(背中から落ちる・きりもみながら落ちる)、ポセイドン(足を前に背中から落ちる)などがある。
商品イメージ

ガンアクション

見ての通り、かなりの火薬の量を使い、発砲しているのがわかる。
連続の発砲には、火薬の量もかなり使う為、危険も伴う。
商品イメージ

時代劇アクション・切られ役

時代劇の殺陣。
切られ役のうまさは、切る側がどれだけ栄えるかを決める重要な存在である。
実際に切られるほどの勢いで刀の刃が体に当たり、ケガをすることも日常茶飯事。


安全対策と真剣勝負

商品イメージ

火炎に対する安全対策

劇中使用される火炎は、本物の炎である。
CGでもなんでもない。

商品イメージ
火を扱うということは、常に緊張が走る!
それだけに常に安全対策に
配慮して、危険な役を演じている。
商品イメージ
炎に包まれる中、危機一髪!
安全対策を施していても、
このような激しい炎に包まれる中を間一髪で逃れることが出来るのも、プロならではのワザ!
商品イメージ
抜刀術!
商品イメージ

重みある真剣を扱う剣術!!

模造等ではない真剣の迫力!

本物の刃の付いた刀の重み。切れ味鋭き俊敏な動きに、藁の柱は一瞬にして飛散っていく!!
取り扱いに細心の注意を払う凶器ともなる真剣だからこそ、その扱いには緊張が走る。
商品イメージ
それだけに常に安全対策に
配慮して、気合を込め、真剣に危険を安全に演じている。
本物の刀の切れ味を知っているからこそ、時代劇での斬り合いシーンでは、より「力」の入った本当に斬られているかのような痛みの伝わる迫力ある立ち回りが演じられる!

shop info剣武会紹介

剣武会代表 大道寺 俊典
       mail

inserted by FC2 system